これって…探訪録ですよ…。

そのへんにゴロゴロいるおじさんの探訪録です。    淫夢要素はたぶんありません。

hurricaneくん盆栽日記Vol.6

秋が来たと思ったら寒くなってきたので初投稿です。こいついつもバイクいじいじしてんな…


前回のあらすじ

ryo-hateblo.hatenablog.com
クラッチワイヤーに注油してチョークワイヤーを破壊しました(照れ)
どうして…どうしてですかね…(ゴリライズ)

あれからネットの海でCBR250R('88)のチョークワイヤーを探してみたけど見当たらず、ウェビケで問い合わせたりしてみたがそちらもダメだった(はんなり)そら(約30年前の車種だから)そうよ
かろうじて旧CBR250RR用のチョークワイヤーが流用できるらしいのでそれで代用しよう。

それはそうとチョークワイヤー接続部にアクセスするにはタンクとエアクリボックス諸々を外さなければならないらしい…そっか…閃いた…
それならいっそのこと色々外さなきゃアクセス出来ないパーツを諸々変えてしまえばいいじゃない!(よくばりセット)



今回やること
・チョークワイヤー交換【主目的】
・フューエルホース点検(状況次第で交換)
・エアフィルター交換
・サブエアフィルター交換
・プラグ交換
・プラグキャップ、コード一式交換
イグニッションコイル大型化(MP8→MP10)

アクセスに手間の掛かる点火系と吸気系を一度にやってしまおうという寸法だ。
ホースの取り回しもあるんであまりタンクをパカパカしたくないというのもあるが…
果たしてエアフィルター&プラグ交換初心者は無事に交換することが出来るのでしょうか?それではご覧ください(暗黒微笑)

……流石に闇雲に弄るのも不安of不安なんでしっかりとプランを練り必要部品と工具を吟味、交換方法もあらかた調べておこう(ビビり)


大まかな作業の流れはこんな感じ
①コックOFF→暖気
②タンク、フューエルホース外し&点検
③上下エアクリボックス取り外し
④キャブファンネル養生
⑤プラグキャップコードIGNコイル配線確認 
⑥プラグコード採寸カット、キャップと合体
⑦プラグホール清掃、一穴ずつプラグ外し
⑧並行してプラグ&キャップ取り付け
⑨IGNコイル換装
⑩サブエアフィルター交換
⑪チョークワイヤー交換
⑫エアクリ交換
⑬元戻し


んでもって使った道具はこちら
・車載工具(純正プラグレンチ)
・T字ラチェット
・小型ラチェットレンチ(M8、M10)
・ラジオペンチ
・+ドライバー
・接点復活剤
・ニッパー
・養生テープ
・布テープ
・マーカー
エアダスター
・ウェス(雑巾)


それから用意したモノを列挙しておく。
()内は品番なので参考までにどうぞ
・チョークワイヤー…旧CBR250RR用(17950KAZ000)
・エアフィルター…デイトナの汎用ターボフィルターシート(98697)
・サブエアフィルター…ホンダ純正品(17254KAZ000)
・プラグキャップ…ホーネット250用(30700KEA000)×4
・プラグコード…キタコ製ハイテンションコードΦ7mm×長さ1m(754-0901120)
・プラグ…NGKイリジウムIX(CR9EHIX-9)×4
イグニッションコイル…MP10ホンダ純正品(30510MCC003)×2

ちなみにモ◯タロウなら上記全てを調達できて非常に便利なんで利用をオヌヌメする(ダイマ)

ほな順番に振り返っていくどー

①コックOFF→暖気
まずタンクからホースを取り外す前段取りとしてある程度燃料を流しホース内を空にする。ホース内に燃料が残っていると取り外したときにガソリンが飛散するんでやむなし....
やり過ぎると燃ポンが「カチカチカチカチ…(迫真)」と音が鳴り故障の原因にもなるんで程々にすること。


②タンク、フューエルホース外し&点検
前々回サーモスタットを交換した時の要領でタンクを外していく。

f:id:RYO-hateblo:20201105163439j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105163448j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105163555j:plain
一通り点検してみたがやはり前オーナーの手で燃料周りのホースは軒並み交換されていた。状況次第では用意しておいたフューエルチューブセット(16955-KY1-315)と交換するのも考えていたが当面はこのままでも大丈夫だろう。
ホースを取り外す前にクリップをラジオペンチで緩め外しておく。クリップの開きが甘いと上手く取れなかったりホースを傷つけたりしてしまうので要注意。
あ、タンク側ホース内への異物混入を養生テープで防いでおこうね。


③上下エアクリボックス取り外し
ここから完全初見です。(武者震い)いざか枕
エアクリボックスは最中構造になっていて、エアクリを間に挟み込むようになっている。


f:id:RYO-hateblo:20201105163735j:plain
まずは上側。視認できる6つのネジを外して、写真左上の吸気口部を気にしながら上側全体を斜め上へ持ち上げるようにすれば取り外せる。


f:id:RYO-hateblo:20201105164037j:plain
上側を開けるとエアクリがお出迎え。しかし交換は一旦おあずけで外しておく。
その後、同じ要領で再び視認できるネジを外して下側ボックスを外す。


f:id:RYO-hateblo:20201105164156j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105164231j:plain
…すると今度は下側底部とキャブファンネルが出てくるのでガムテープで
④キャブファンネル養生 をしてから上図6点ネジ+更に上方にあるボルト1点を外す。
ここまでしてやっとエアクリボックスを全摘出できる。マトリョーシカかな?


f:id:RYO-hateblo:20201105181735j:plain
f:id:RYO-hateblo:20201105164537j:plain
⑤~⑧の作業へ取り掛かる前にラジエーターボックスのロックピンを外し、ちょっとGOINだけどその辺の自販機で買ってきて飲んだ缶なんかを使ってラジエーターボックスを押し広げてやる。
こうすることで一連の作業時において間口に余裕ができてズルズル円滑に作業を進められるんで気持ちがいい(恍惚)
写真では端の方で試しているが後々更なるクリアランス確保のためボックス真ん中あたりで押し広げたが大丈夫だ、問題ない。
エキパイ周りもだいぶ年季を感じるしそのうち綺麗にしたいなぁ.....


⑤プラグキャップコードIGNコイル配線確認 
間口が広くなったところでプラグコードの配線を確認しておく。原始的な手法だけど触ったり配線を辿ったりするとわかりやすい。

f:id:RYO-hateblo:20201105164714j:plain
ここを間違えてしまうとエンジンが掛からなくなる等不調の原因になるので必ずマーカーで印を書いて照合できるようにすること。コード側にも記しておくと採寸と照合が簡単になるんで欠かさずやっておこう
コックピット視点から見て左から1~4番プラグと数えていくがプラグの位置とIGNコイルの配線位置は同じというわけではないので要注意。マーカーで左右もわかるようにしておくと吉

⑥プラグコード採寸カット、キャップと合体

f:id:RYO-hateblo:20201105165147j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105165155j:plain
各プラグキャップ~IGNコイルまでの配線を全て取り外し、取り外したコード長を元にプラグコードを採寸カットしていく。原寸と合わせりゃ間違いないって寸法よ


f:id:RYO-hateblo:20201105165223j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105165233j:plain
切り出したら旧プラグコードからゴムパッキンとコイル接続部キャップを移植、それから曲げ等コードに負担が掛かりそうな部分にゴム或いはビニールテープで厚めに養生をしておく。皮が厚いんでそう容易く切れたり割れたりするとは思えないが旧コードも養生してあったし念のためしておいても損はないだろう


f:id:RYO-hateblo:20201105165316j:plain
コード末端はニッパー等でグリグリと穴を押し広げておくこと。こうするとプラグキャップやIGNコイル側の接続ニードルに刺しやすくなるんでこれもやっておこう
あとはプラグキャップと合体させて完成、これを4本分作る。
作った後でIGNコイルのどこに接続するか、養生テープで番号を表示しておくと間違えずに済む。コードを這わせたり潜り込ませたりするし末端露出部を養生できればなおよし


⑦プラグホール清掃、一穴ずつプラグ外し
⑥でプラグコード一式の取り外しが終わったら今度は一本ずつプラグ側を交換していく。
ゴミなど入り込ませないよう 必 ず 一 つ ず つ 外して付けていくこと。

f:id:RYO-hateblo:20201105172046j:plain
f:id:RYO-hateblo:20201105172142j:plain
エアダスターでプラグホール内を綺麗にする。


f:id:RYO-hateblo:20201105165451j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105165409j:plain
それから純正プラグレンチを使い、レンチ内ゴム受け部にしっかりとプラグ上端が刺さるようプラグホール内へ押し込む。
しっかり押し込めたら小型ラチェットレンチでプラグレンチを回して外していく。


f:id:RYO-hateblo:20201105165524j:plain
これが外したプラグくん。
4本とも同じくらいそこそこ先っぽが黒ずんでるし早めに交換しといた方が良かったかなぁ…?
三番プラグだけ一部先端がちょっと白っぽく変色しており、もしかしたら焼けすぎていたのかもしれない。交換後の変化がますます楽しみになってきた


⑧並行してプラグ&キャップ取り付け
外したら即新品プラグを取り付けていく。

プラグレンチにプラグをしっかりと差し込み⑦で外した時と逆の要領で締め込んでいく…がここで締め込み量を気にしておかなければならない。
というのもプラグはエンジンやプラグの種類毎で締め込み量が変化する。
締め込みが甘くてもキツすぎても不調の原因となるためトルクレンチを使うか各プラグメーカーさん指定の回転角(X回転回すなど)に従ってトルク管理をして取り付けること。
NGKの推奨締め付けトルクはこ↓こ↓
www.ngk-sparkplugs.jp

f:id:RYO-hateblo:20201105171945j:plain
間口を広げたとはいえトルクレンチを入れるには少々厳しいスペースのため手ルクレンチ(回転角)で対応することにした、特に3番プラグはクッッッッソ狭いから覚悟を決めよう
今回使う新品プラグの場合、プラグを手締めでガスケットに当たるまで締めてから1/2回転だけ回して固定する。
ここで小型のラチェットレンチを使うと1/4回転ずつ回せる等小回りが効くのでオヌヌメ

プラグの固定が済んだら⑥で作ったプラグコード一式と合体させていく。⑤で事前に見ておいた通りの配線になるよう線を這わせていこう
…これを4セットやる、喜ぶんやぞ(暗黒微笑)

⑨IGNコイル換装
ざっくり配線手前まで済んだらコイルを換装する。

f:id:RYO-hateblo:20201105165926j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105165942j:plain
コイルステーのボルトとコイル上下の固定ボルトを外し、コイルステーをシート側へ引き込んでクリアランスを確保。
それからコネクターを抜き取りコイルを斜めにしたりしつつ摘出していく。


f:id:RYO-hateblo:20201105170047j:plain
MP8とMP10コイルでは滅茶苦茶サイズが違うということもないんでコイルステーにすんなり入る。
ただしだいぶキツくなるんでステーを元の位置に戻すのに少々骨が折れそうなんでお覚悟を…
パッと見問題ないとは思うが、コネクターを再接続する前に念のため接点復活剤をかるーく塗っておこう(おまじない)
IGNコイルを取り付けできたらコードも忘れず取り付けておく。コードはコイルが変わった関係で原寸だとエンジンに当たったり変によじれたりしてたんで要調整かと


⑩サブエアフィルター交換

f:id:RYO-hateblo:20201105170243j:plain
先述のコイルから少し手前側にあるサブエアユニットをステーから外し、外れ防止ツメを
押さえながら蓋を外す。

f:id:RYO-hateblo:20201105170308j:plain
うーんここもわりと綺麗なんだなぁ…ネットの海で調べた感じだともっとこうグズグズになってるんでここも手が入っていたっぽい。
まぁ部品は余分に買っといたしここも念のためやっておこう。
サブエアユニットは次作業のクリアランスの関係上ステーから外したままで次の作業に取り掛かろう。


⑪チョークワイヤー交換
お ま た せ (本題)
アクセス/配線の関係上サブエアユニットの配線を動かした状態で交換していく。

f:id:RYO-hateblo:20201105170450j:plain
f:id:RYO-hateblo:20201105170404j:plain
ハンドル側の固定(壊)とエンジン側のワイヤーエンド固定バンドを緩めて摘出。
エンジン側末端をハンドル側へと送って取り外すとあまりカチャカチャ当てずに済む。


…旧CBR250RR用チョークワイヤーは旧CBR250R用よりも若干長く、取り回し次第で代用は可能。


f:id:RYO-hateblo:20201106030747j:plain
ただしワイヤーエンド固定バンドの位置と噛み合わなかったりするんで「ワイヤーチューブを養生して固定バンドで固定」する等半ば無理くり取り付けたが、チョーク動作そのものはオッケーだったんでとりあえずこれで様子を見てみよう。


⑫エアクリ交換
最後はエアクリ交換。
本来なら使い捨てであり新品と交換するのが定石だが…色々調べはしたものの残念なことに代用品も純正品も見当たらなかった。

f:id:RYO-hateblo:20201105170533j:plain
f:id:RYO-hateblo:20201105170605j:plain
そのため今回はエアクリを断腸の思いではあるが切除し加工することにした(*決意)
カッターナイフで紙フィルターの端を「スーッ」としていけばわりと簡単に剥ぎ取れる。
スポンジフィルターは使用時間経過で少しばかり萎んだりするらしいので紙フィルターの寸法より少しだけ大きめに切り取っておこう


⑬元戻し
これで一通りの作業は終わったんで配線の撚れや張りが無いかを確認しながら戻していく。
…なお、当方はここで二敗した模様。
以下、内容

・燃料ホースが撚れていた為に燃料ポンプが「カチカチカチカチ」と無理をして鳴いていた
・スロットルワイヤーの取り回しが悪くスロットルの戻りが渋くなった

前者はホース調整により完治、後者はワイヤーの取り回しを改め軽く注油し少し張り直した結果完治したのでとにかくヨシ!(よくない)
...とまぁこんな風にならない様ホースの取り回しには気を付けよう!


・換装した感想

f:id:RYO-hateblo:20201105173618j:plainf:id:RYO-hateblo:20201105173627j:plain
…君なんか音変わった?
いや、確かに吸気系弄ったわけで吸気音変わるのは変わってるんだけども…なんかこう前よりエンジンがすこーしばかり元気になったような気がする(当社比)
始動性もだいぶ改善されてスターターを押してすぐにエンジンが掛かる。
音もそうだが下からのトルク感も若干ではあるが向上しており、経年劣化とかもしかしたらプラグ被りとかあったのかなぁとか色々と考えさせられるいいきっかけになった(御満悦)
あと純粋におバイクいじいじするのが楽しかったし、最後(完了した瞬間)が気持ち良かった

Tracerの方もじきにプラグ交換するかなぁ…


おわり

hurricaneくん盆栽日記Vol.5

今年も秋の足音が聞こえ始めたんで初投稿です。
今回はクラッチワイヤーに注油をしてかるーくお○んぽしようと思う。ワイヤー注油くらいなら簡単やろガハハ(慢心)

今回はデイトナガレージの
ワイヤーオイル
ワイヤーインジェクターワイド(注油を補助するやつ)
万能グリス(ワイヤー端ドラム部のグリスアップ用)

三種の神器を使ってみよう。アマゾンなら上記三点セットで割引き販売されてたりするんでオヌヌメ

f:id:RYO-hateblo:20201027201852j:plain
先ずは手始めにクラッチワイヤーのアジャスターを緩めてクラッチレバーからワイヤードラムを取り外しフリーの状態にする。(画像は撮り忘れのため注油&ドラムグリスアップ完了後のもの)
ワイヤーが解れていたりドラム外周のスリーブがボドボドの状態だと走行中にワイヤーが上手く作動しない!…なんてことになりかねないので要注意だ(累積一敗)
ざっと見た感じ大丈夫そうなのでこのまま使うことにする。適度に注油していけば幾らか寿命も延びるだろうしかまへんか。


f:id:RYO-hateblo:20201027201746j:plainf:id:RYO-hateblo:20201027201752j:plainf:id:RYO-hateblo:20201027201801j:plain
ワイヤーをある程度引き出したらワイヤーインジェクターに嵌め込む。
使用時はインジェクターの注油ノズル挿し込み口にしっかりと挿し込み、ウエスで覆っておくこと。でなければオイルが飛び散ってきたないけどきたない。
根気よく注油してたら反対側、つまりクラッチ側からオイルうんちが出てくるんでここもウエスで受け止められるよう準備しておこう。

その後は何度かワイヤーを引っ張ったり戻したりしてオイルをチューブ内に行き渡らせれば注油は完了。
…これは使った後で思ったんだけど、ワイヤーチューブ内にオイルを送り込むだけならワイヤーとチューブの隙間に直接ノズルを突っ込んで注油すれば良いんじゃないかなって(小声)


注油後は分解した逆の手順で戻していくのだが、ワイヤードラムをレバーに嵌め込む前に万能グリスでグリスアップしておこう。
ひとまずはこれで完了。
そうだ、ついでにチョークワイヤーも一通り見ておこう


f:id:RYO-hateblo:20201027201625j:plain
注油できないものかと見える範囲で観察してみたがそれらしい部分は見当たらない。
まぁいっか(諦観)、トップブリッジのステーにまた締め直しておこっと




\パキッ/


……ん?なんの音だ?





f:id:RYO-hateblo:20201027201543j:plain
あっ、折れたぁ!?(KMNライダー龍騎


f:id:RYO-hateblo:20201027201513j:plain
幸いにもクラッチワイヤーの機能は生きてたんで予定通り(予定通りとは言っていない)(敗走)(ダメ元で代用品を求めて)試運転を兼ねておさ〇んぽを敢行。
当然といえば当然だが代わりになりそうなものは見当たらなかったんで帰ってネットでポチろうそうしよう....
あ、クラッチ注油の感想ですがスムーズに動くし若干軽くなってなかなかよい感じでした。

hurricaneくん盆栽日記Vol.6へつづく

Hurricaneくん盆栽日記Vol.4

なんやかんやVol.4まで続いていますが初投稿です。

今回はサーモスタットの交換に挑戦。

サーモスタットは水温調整用の部品で内部の弁を水温に応じて開閉して水温調整するんだけど、経年劣化により動きが渋くなると水温の調整が不安定になりいずれはエンジンがオーバークール/オーバーヒート状態に陥る可能性がある。だいたい10年くらい経つか壊れたら交換らしいし念のため変えておこう。

詳しいことはほかのところに書いてると思うんで(投げボルグ)とりあえず今回も作業の過程をメモ代わりに書いていこうと思ふ。

 

ちなみに今回使用するサーモスタットとOリングはモノタロウで調達しまんた。


サーモスタット:HKT製軽自動車用、品番ZI44S2-82

Oリング:マスオカ製汎用品、品番S-48


サーモスタットはどうやら軽自動車用のがお願いシンデレラフィットするらしくそちらを流用、動作温度範囲(82℃)も問題ないらしいので使ってみよう。



①タンクパージ

タンクの下にサーモスタット周辺ユニットがあるんでパージが必要。

 

f:id:RYO-hateblo:20200817235932j:plain

シート下にタンク固定ボルトがあるんでシートも剥がしておこう。タンクから見てリア側の角っこに一対+ネジがあるんでここを外す。

フロントは嵌っているだけなのでネジを外せば容易に取り外せるし難易度はそこまで高くないかと思われる

 

シートを外したらシート下×1、サイドカウル連結部×2、ハンドル付近×2の計5ヶ所のタンク固定ボルトを外していく。

f:id:RYO-hateblo:20200817235937j:plain

シート下のタンク固定ボルト。

少し深め&スパナを回すスペースも無いんでエクステンションの付いたラチェットレンチがあると取り外し易くおすすめ(一敗)

 

f:id:RYO-hateblo:20200817235943j:plain

サイドカウル連結部。

サイドカウルとタンクをタンク側の雌ネジにボルト突っ込んで固定してるんで取り外し時は簡単だが取り付け時に穴の位置が多少ズレた場合、サイドカウル側の穴がぐりぐり広がるか破損の原因になるかもしれないんである程度ズレないよう取り付けしておきたいところ。

 

f:id:RYO-hateblo:20200817235952j:plain

ハンドル側。

長いネジが二本。

ボルト周辺のクリアランスがだいぶ厳しいんで小型のラチェットレンチかエクステンションT型ラチェットレンチがあると便利かも。

タンクはこのネジ穴に「カポッ」と嵌め込んで固定してある上、ライトカウルと締結されているフレーム(写真に写ってる黒いポールみたいなの)があるんで付け外しに少々難儀するかもしれない....

 

f:id:RYO-hateblo:20200818123044j:plain

各ボルトを外したらいよいよタンクの取り外しが可能になるが、ここで予め燃料コックを「OFF」にしておくこと。「OFF」以外だと燃料がジョボジョボタンクから出てきて大惨事になるんでしっかり閉めておこう。

そんでもって上述のハンドル側嵌め込み部もそうだが左右のサイドカウルが曲者で、燃料コックのツマミをを軽く嵌め込んで取り付けされている為力づくでやろうもんなら恐らく割れたり破損、塗装キズ等考えられるんでまぁ恐ろしい。

…そんなこんなで何回か挑戦してみた結果、

 

①タンクのハンドル側を少し上げて嵌め込み部から抜く

②若干タンクを浮かせながらリア側へ優しく引っ張る(燃料ホースに注意)

③タンクをある程度の高さで保持しつつ左右のサイドカウル(特にコック側に注意)の嵌め込みを外す

④タンクのホースジョイントを外しホースを抜く(可動部を指でつまむように挟めばすぐ緩む)

 

の手順で外していけば上手くいくと思う。

ホースジョイント外しの際にはホース内残存燃料が飛び散るのを防止するため手元にウエスを準備、念のためサイドカウルの傷つき防止で養生テープを貼るのもいいかもしれない。

 

f:id:RYO-hateblo:20200818003812j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200818003833j:plain

ついでに旧CBR250Rのネックであるところのフューエルホースの状態も点検しておこう。

ホース、燃ポン周りの状態も良く、触ってもクラックやひび等は無かった(安堵)

....が変にホース弄って破けでもしたら目も当てられないと思ったんで上述の④を省略してタンクを下ろさず作業したのだわ(チキン体質)

外して置いといた方が落下リスク等々を考えると良いような気もするけどとりあえず今回はそのまま。

この方法でやる時はタンクとフレームとの間に何かを挟み込んでタンクの傾き具合を固定するといいかも。

 

サーモスタット交換

f:id:RYO-hateblo:20200817235924j:plain

ここまで来たらいよいよラジエーターキャップが見えてくる。

このキャップがクソほど固い+回しにくいところにあるんで回しやすいようエアクリボックスを取り外すか、冶具を用意して回す等工夫が必要かも.....

このキャップとサーモスタットカバーの取り外し時に冷却水がこぼれるんでウエスを置いておくと吉。

 

キャップを外し、キャップ周辺にある程度溜まっていた冷却水をいくらか取り除いたら今度はサーモスタットカバーを外していく

 

.......が。

 

肝心の写真を撮り損ねたんで文面で残しておきます(ガバガバ)

上の写真の視点でカバーの右下・左上のネジを外し、次にカバー右側のホースを先述のフューエルホースの要領で外す。

最後にカバー下部の太いホースを外してやれば完全にカバーを外すことが出来るがこのクソ太ホースが中々外れない上にクリアランスの無さも相まって中々むずかしい。

今回参考にした動画ではエアクリボックスを外してから取り掛かっていたが「なるほどこういう事か」と合点がいった(はんなり)

 

f:id:RYO-hateblo:20200818011324j:plain

それでもなんとかならないもんかと触ってたらサーモスタットカバーを車体外側へ向けてずらせばどうにかサーモスタットにアクセス出来そうだったんでこのまま続行(ガバガバ整備)

Oリングも念のため交換、すっかり潰れて溝に癒着していたが−ドライバーでこじこじして摘出。

 

f:id:RYO-hateblo:20200818011602j:plain

工事完了です(ニッコリ)(まだ終わってない)

あとは丸っきり逆の手順で取り付け、清掃したら試走しようそうしよう(キャッキャ)

 

f:id:RYO-hateblo:20200817235904j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200818012157j:plain

絶好のツーリング日和だよ今日も(なお猛暑)

さて、肝心の部品交換の効果確認だが...

......

........

ちょっと水温の上昇を抑えられたかな?といった感じ。(不感症)

若干回し気味で走行したが水温上昇の速さが以前と比較して若干程度抑制されていた.....ような気がする。もともと付いていたサーモスタットも見た感じはそれなりの年数経過を感じさせはするが大きな動作不備などは無かったのかもしれない.....

まぁ予防保全として考えて長い目で見れば十分に効果はあると思うんでこれはこれでヨシ!(御満悦)

 

帰宅後改めてタンクを上げてユニット付近を確認した感じだと特に漏れ等は無かったんでまぁ大丈夫でしょ、実験は成功だ!

しょっちゅう暑中見舞い

暑くてオベェクしたらクラクラしそうなんでクーラーの効いた部屋から初投降です。

なんか冷夏って聞いていたけれどオボォンの時期になると例年通り最高気温37~38度あたりをマークしててやば...やば....

それでも憧れ(ツーリング欲)は止められそうに無いんで熱中症対策をしつつイクゾー

 

瀬戸大橋周辺

f:id:RYO-hateblo:20200817220052j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817220112j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817220127j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817220149j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817220210j:plain

7月下旬に夕暮れ~日没を狙ってお〇んぽしてきたけどこの時間帯は涼しくて気持ちええんじゃᕙ( 'ω' )ᕗ

黄昏でたそがれつつ日没まで一人写真撮影会したら本命にほらいくどー

 

鷲羽山スカイライン展望台

ここ鷲羽山といえば昼間はライダーのお兄様ご用達のキンモチ&癒しスポットだが日が沈みかつ天候が良ければ工場夜景を楽しむことができるのだ。

今日は久々につよつよカメラくんも用意してきたんで夜景モードでカメコごっこしてきました(照れ)

f:id:RYO-hateblo:20200817220246j:plain

amazing....!

展望台付近は申し訳程度に駐車場がありバイクなら余裕で駐車が可能。ただし傾斜地形、テメーはだめだ(無慈悲)

工場地帯方面へ下っていくと星空のような夜景をバックにダウンヒルできて非常に気持ちがいい。文面で伝えるのは少々難しいのだが、写真よりも大きく明瞭な景色が眼前に広がって非常にロマンチックでオヌヌメ

…一方で景色の良い弊害か一般通過路上駐車くんが散見されるので通行時は注意されたし。

 

 

保田鮮魚店

8月某日、やうやう暑くなりける県北に美味しい鮮魚店があるとの情報提供があったんでさっそく行ってみよう。

こう書いて「やすだ」と読むらしい(ガチ無知)

f:id:RYO-hateblo:20200817220336j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817220343j:plain

ネタは新鮮、タコもコリコリでめっちゃ美味しい(素)

いやね、まさか内陸も内陸な県北でこのクオリティの海鮮丼が食えると思わなかったんで箸がススムススム.......蜃気楼の見える中渋滞に耐えた価値があった(敗北車)

基本は飛び込み注文でOKらしいけど「確実に食べたい!」って人は予約をしておくといいかも

大規模な専用駐車場は無いんだけど車なら最寄りのコンビニ、おバイクなら軒先に駐車すればいいみたい。

 

f:id:RYO-hateblo:20200817220407j:plain

今回情報提供してくださったおじさまと現地でエンカウント。以前お邪魔した旧CBRのミーティング以来なんで一年ぶりくらいかな?情報提供ありがとう🍆!!

お連れさんと一緒に走ってたっぽいんで当職は一行を見送り&転身して奥津湖方面へと舵を切ったのだった。(淫キャ特有のおくりびとムーブ)

 

奥津湖&苫田ダム

苫田と書いて「とまだ」と読みます。

f:id:RYO-hateblo:20200817214437j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817214501j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817214454j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817214448j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817214505j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817214509j:plain

今日も良いペンキ☆でもくもくしちょる雲も良い具合に夏の雰囲気を醸し出している。奥津湖周遊道路はあまり汚くない路面で沿岸沿いをうにゃうにゃぐねぐね追従して走るんで大変気持ちいい

 

 

たまたま苫田ダムが放水してたんで記念に動画撮影、けっこうドバドバ出るのね...(圧巻)

ダムを心ゆくまで堪能したら温泉をキメるためさらに北上。

 

 

f:id:RYO-hateblo:20200817220811j:plain

横向くんだよ180°コーナーくんほんとえっち

 

のとろ温泉 天空の湯

f:id:RYO-hateblo:20200817214525j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817214532j:plain

標高700mの山間にある岡山県下で最も標高の高い場所にある温泉らしい。

泉質は透明ですべすべちょいぬる系。大人一人700円也

露天風呂もあり眺望もなかなか良い....のだがどうやら初夏~秋にかけて大型のアブ・ブヨが大量発生するらしく刺されたりするらしい(戦慄)

事前に虫よけ対策とか周囲に薬を撒いてたりするらしいけど虫が苦手な人は注意した方がいいかもしれない(ちょっと刺されちゃった☆)

 

 

f:id:RYO-hateblo:20200817214541j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200817214550j:plain

温泉キメて満足したんであとは帰るだけ....のはずだったのに晴れ/曇り/ゴリラゲイ雨////霧雨と目まぐるしく天候が変化する中帰りましたとさ。なんかアルバトリオンみたいな天気してんなお前な....(疲弊)

 

岡山県道300号線(羽山第二隧道)

時はお盆後半、岡山は県央西部に素堀りのトンネルを拝める県道があるとの情報をキャッチしたんで早速調査へ爆走兄弟レッツ&ゴー

f:id:RYO-hateblo:20200817214557j:plain

この日は快晴of快晴だったんで舞い上がっていろいろ寄り道しつつ向かったけど滅茶苦茶暑くてやはりヤバい(再確認)コンビニで涼んだり冷凍ペット製品で冷やしたりしてたのだわ....

 

f:id:RYO-hateblo:20200817214610j:plain

 

f:id:RYO-hateblo:20200817214624j:plain

県道300号を南から入るとこんな感じの場所に出てくる(曖昧)

全長約10km程度の長さではあるが路面が苔むしてたりひび割れ、ウエット等バラエティに富んでるんでゆっくり散らないように...進もうね!

 

f:id:RYO-hateblo:20200817214618j:plain

それにしてもこれが素掘りトンネルってうせやろ?(感嘆)

先述の夜景よろしく写真では伝えきれないけどどことなく神秘的な雰囲気をビンビンにカンディル

写真撮影場所は少々開けてるんで端に停めればゆっくり休憩&撮影も可能だが肝心のトンネルそのものは幅が狭く一般的な乗用車の横幅1.5台程度なので通行&撮影時は気を付けよう、おじさんとの約束だ。

 

 

お し り

Tracer姉貴足回りリフレッシュ&Hurricaneくん盆栽日記Vol.3

ツーユー真っ只中でおベェク出来ないしこんなんじゃ満足できないので初投稿です。(バイクロスコンボ)

まぁ乗れないなら乗れないなりに盆栽とか足回りのリフレッシュとかいろいろやってみよう。

 

Tracer姉貴足回りリフレッシュ

前回も触れたけどフロントフォークのOH、ブレーキフルードの交換をして貰ったんでざっくり感想をば。

OHは勿論ブレーキ周りも下手に手出しすると制動能力、果ては自分の命に大きく関係するところさんなのでいつもお世話になってるお店にぶん投げてきました(経済を回す正義のライダー)

や、実際失敗すると後が怖いし工具等々の問題もあるんで精神衛生上お店に投げるのが楽なんだ...

一般にはフロントフォークのOHって(車両にもよるが)だいたい10000km毎が目安なのだがTracer姉貴は今の今までOHしたことが無かったんで好奇心を満たすついでにやってみよう。

 

lmt-motorbike.com

フォークシールは純正のものを注文取り付けしてもらいフォークオイルの方も純正オイル...にしようと思ったがちょっと試してみたかったんでリキモリのフォークオイルに銘柄変更。リキモリってフォークオイルも出してたんすねぇ...

ちなみに調べたら純正指定ヤマハサスペンションオイル01が動粘度(40℃)15.6、今回導入したリキモリの5Wオイルは17.2と少々硬めになっているが果たしてどのくらい変わるのか気になる所であります。

 

フロントフォークOH後の感想

f:id:RYO-hateblo:20200713145209j:plain

んまぁそう、良くなったような気がする(不感症)

というのも元々フロントフォークそのものは大した損傷・劣化等は無く十全に機能も果たしていたのでまぁ違いが釈然としないのは当然っちゃあ当然だろうか。オイル粘度が上昇して硬くなった分少しフロントの動きがカッチリしたような....気がする。んにゃぴ。

保安・保守と考えれば十分お腹いっぱいなのでモーマンタイなのだが、動作の大部分を決定するであろうカートリッジ等はそのままでオイルを変えた程度ではさして変わらないってのが分かったんで次はフォークやリアサスのASSY交換も視野に入れてみるか...?

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145217j:plain

随分と濁ってたブレーキフルードも綺麗になって大満足や。まだまだ一緒に走ってもらうからな^~(ニチニチ)

 

 

Hurricaneくん盆栽日記Vol.3

なんやかんや納車から1年以上が経過したけど調子がバッチリ良くってブルっちゃうよ....(感涙)

それはそうとして叡智絵を探すためツーイッタサーフィンしてたらFF内のMC19乗りの兄ちゃんがメーターバックライトのLED換装をしてて気になったんで早速真似をしてみよう。

というのもHurricaneくんのメーターバックライトは設計上当然30年前のシロモノなわけで明度の低いウェッジ球...夜見えないことは無い程度なんだがもうちょっと明るい方が視認性良くなりそうと常々思っていたしほら、夜走りしてる時にあのタコメーターが大胆に主張してたらカッコいいですやんか。ほならね、やってみようって話ですよ(おとこども向け番組のノリ)

先述のお兄様が交換手順や注意点を懇切丁寧に教えてくれたしこりゃ交換するしかねぇよなぁ!?今回はちゃんと写真も撮ったんで備忘録を兼ねて書いていこう。

 

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145205j:plain

www.amazon.co.jp

今回使うのはT5 LED球。ア”マ”ゾ”ン”で4個+1個おまけのが600円あれば買えるのでオヌヌメ。性能とかレビューとか調べてたら長期に渡り使用している人もいて球切れ等無いようなのでまぁ大丈夫でしょ。

当職は白色球を購入したがカラーバリエーションも幾らかあるんで某仁Dの黄色いFDみたいにバックライトを黄色く変えるなんてことも可能だ。

 

先ずはメーターボックスを取り外すためにライトカウルをもぎもぎフルーツしていく

手順そのものは前回書いた通りだが簡単に振り返ると、

①左右ミラー固定ボルト

②前方中央/左右アンダーとの連結部ボルト・インナーカウル

③メーターワイヤーやウインカー配線カプラー

を順番に外すだけ。②でボルトを外した後、カウル上部ステーのミラー穴嵌め込み部は外さずそのままの方が落下せずに③の作業に取り掛かれるんでおすすめ

これでもまぁ昨今のフルカウル車と比べたら部品点数も少ないし簡単な方なんだろうなぁって思うワケ(畏怖)

 

さてさて閑話休題、ここからが本題。部品なくしたら大問題。

f:id:RYO-hateblo:20200713145224j:plain

メーター下部中央、ライトステー・キーシリンダー近くの固定ボルトを外す。

四ヶ所固定ではあるもののボルトはここ1本のみで締結されておりメーター左右はピンをゴムブッシュ噛ませてステーへ嵌め込み、上部も同じくボルト・ゴムブッシュ一体型のものをスライドさせて固定。おめぇガンプラみてぇだな....

要点さえ分かればさして難しくはないのだが特筆すべき注意点として左右ゴムブッシュがメーター剥ぎ取りの際ひじょーに落下しやすいので注意が必要である。(一敗)

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145139j:plain

結構すぐ脱げるんだね(レ)

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145231j:plain

メーターの剥ぎ取りに成功したら裏返してウェッジ球の交換。

で囲んだ部分がメーターバックライトのウェッジ球ソケット位置で上・右・左・下の四ヶ所。ちなみにメーター下部のはウインカー表示灯やらインジケーター類。

ソケットはパッと見「これどうやって取るの?」と困惑したが調べたら上に引っ張るだけで簡単に取れ、取り付けの際は奥まで押し込むだけで良いらしい。軟質素材で出来ており見た感じでは溝にハメたり抜いたりする構造のようだ。

ただし無理に引っ張り・押し込みをするともれなく配線を傷めてしまうので注意しよう。

 

以下、球位置詳細画像

f:id:RYO-hateblo:20200713145240j:plain

下(スピードメーター下)

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145251j:plain

右(スピードメーター上部) 

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145306j:plain

左(水温計とタコメーターの間)

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145258j:plain

上(タコメータースピードメーターの間)

ここは特にソケットの付け外しが難しいんで要注意。

 

f:id:RYO-hateblo:20200713155126j:plain

配線に気を付けながらソケットとウェッジ球を抜く(二枚抜き)

このウェッジ球は球面が弱いらしく力加減を誤ると割れて危ないので女の子と接する時くらい慎重に引き抜こう。駆け引きが肝心なのだ...

 

f:id:RYO-hateblo:20200713145201j:plain

ちなみに当職の個体やネットで調べた記事(旧ニダボのメーター)のもそうだったが、どうもウェッジ球のサイズに差異があるらしい。

端子の規格そのものは球の大きさに左右されないようでLED球を否応なしにそのままぶち込んでやると普通に点灯するので安心してクレメンス

 

f:id:RYO-hateblo:20200713155041j:plain

無事抜けたらLED球を容赦なくぶち込む(一転攻勢)

というのもしっかり差し込んで接触をわからせなければ諸々取り付け後に「点灯しないじゃねぇか!」なんてことになるんで気を付けよう(一敗)

 

あとは今までと逆の手順でパパパッと戻して工事完了です(約1.5時間)(凡ミス計二敗)

さて実際に光らせてみよう....

 

f:id:RYO-hateblo:20200713161519j:plain

いいじゃないか....(大興奮)

夕暮れ~日没、トンネル内など様々なシチュエーションで試走してみたがこの明るさなら昨今の液晶タイプのも引けを取らないくらい視認性がいいと思う。600円でこれなら大満足や(ご満悦)

走行振動で接触が悪化するなんてことも無かったんでひとまず大丈夫そう。実験は成功だ!!

 

とまぁこんな感じでちょっとした盆栽をして気持ちよくなったのでした。

んじゃ俺、大霊脈玉集めるんで導きの地に籠ってっから....

ハレ晴れの国でユカイなおさんぽの話

今日も今日とて初投稿です。(深刻なネタ切れ)

いよいよ全国的に梅雨模様となりジメジメしてもう気が狂いそう(ライダー症候群)だが辛うじて晴れ間がないわけではないので隙間を縫っておさんぽしようそうしよう。

 

 

f:id:RYO-hateblo:20200623015822j:plain
ちなみに梅雨であんまり乗れないだろうと踏んでTracer姉貴は足回りのリフレッシュの為入渠中です。どちゃしこ寂しいけれど当職にはHurricaneくんがいるんでアフターケアも万全なのだ(ニッコリ)

 

備中高松城展望台付近

涼しい時間帯に朝駆けしてきんもちのもちになろうと思ったけど思いの外寒くてブルっちゃうよ...(15℃)20℃前後を予想して夏ジャケ引っ張り出したんだけどちょっと(想定と)ズレてるかな...

f:id:RYO-hateblo:20200623013808j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013811j:plain

まぁでもなんやかんやであさひちゃんとプチ雲海は拝めたのでヨシ!

 

もみぢの里

そのまま北上して朝からゴキゲンな自販機うどんを食べよう。女子力血糖値も上がるしうどんは朝食にベストマッチなんでみんなも食べようね(謎理論)

f:id:RYO-hateblo:20200623013825j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013833j:plain
ここの天ぷらうどんはいい具合に衣がふにゃふにゃで野菜の味がしっかりと出てて好き

朝駆けで冷えた身体によう沁みる沁みる....

 

湯快リゾート 輝ノ湯(湯原温泉

「ハッ…ハッ…サッー!サームイアーツ!サームェ!サムゥイ! ヒュゥー、サッム!サムウイー、サムーウィ!サムー、サムーェ! すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツェ!サム!アッー、寒いっす!さむいっす!ーアッ! さむいっす!さぶいっす!サムェ!サムイ!サムイ!サム! サムイ!サムイ!サムイ!ー・・・サムイッシュ!」

思いの外寒くて体が震えてくるの笑っちゃうんすよね(苦笑)(メッシュジャケット抜群の通気性)暑いの嫌で早駆けしてるのに誰がここまで冷やせって言ったよオルルァン!?いやマジで寒いんで勘弁してください(一転敗走)

寒すぎてサミュエル・ブルブル・ロバーツになりそうだったんで急遽温泉へピットインです(クソザコメンタリティ)

f:id:RYO-hateblo:20200623013841j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013849j:plain

あらいい雰囲気...(トゥンク)

昨今の某ウイルス感染拡大防止対策で日帰り入浴でもなんか色々(オブラート)書く必要があった。お上から開示要求がない限り第三者への情報開示は無いらしいのでちゃんと書いておこう

さて肝心の泉質だが弱アルカリ性でヌルヌルズルズルして気持ちがいい。露天風呂の一部と内湯は加温してあるのかだいぶ湯温が高いけどこのくらいが身体によく沁みtいややっぱ熱いわこれ(出たり入ったりするのが気持ちいい)

ここら一帯の温泉は基本源泉かけ流しなのだが湯快リゾート健康ランド的な側面が強く朝風呂も深夜風呂もイケるのが大きい。おまけにお値段も500円とお手頃価格でお財布にもやさしい(ただし土曜日等で料金変動あり)しなんなら宿泊も可能なため県北散策の拠点にいいかもしれないゾ

 

f:id:RYO-hateblo:20200623013856j:plain

風呂上りの牛乳ってなしてこんなにおいしいんでしょうねぇ....(ウットリ)

牛乳にも楚山?蒜山?って書いてあるし蒜山大山スカイラインを目指してまだまだ北上しよう。(ホモ特有のガバガバプランニング)

ちなみに「蒜山」と書いて「ひるぜん」と読みます

鬼女台展望休憩所

ハッ…ハッ…アッー!アーツィ!アーツアーツェ!アツゥイ! ヒュゥー、アッツ!アツウィー、アツーウィ!アツー、アツーェ! すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツェ!アツェ!アッー、熱いっす!熱いっす!ーアッ! 熱いっす!熱いっす!アツェ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アー・・・アツイ!

なんだお前いきなり25℃くらいまで気温が上昇しやがってお前自律神経ぼこぼこのボコじゃねえか(瀕死)このままでは暑さでしんどくなりそうなんで休憩ついでにキメ台?にピットインです....こいついつもピットインしてんな(嘲笑)

それにしたって

 

 

f:id:RYO-hateblo:20200623013922j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013917j:plain

ええ天気やこれは....(恍惚)

 

f:id:RYO-hateblo:20200623013903j:plain

向こうに見えるのが大山くん。

…「おおやま」じゃなくて「だいせん」、ここテストに出ます。 

まだちょっぴり雪化粧が残っててセクシー...久々の快晴というのもあり蒼い空がより映えて気持ちええんじゃ。

 

 

f:id:RYO-hateblo:20200623013828j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013728j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013927j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013943j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200623013936j:plain

水分補給の後近辺を散策しつつパシャリ。この辺の道はどこか視界が開けていて能登半島や石川富山あたりに雰囲気が似ているだろうか?県央~県北の曲がりくねった道と比べて直線多めなのもあって視界も良好で良き。しかし大山付近まで走ると一転して草木に覆われ密度の高いところではまるでトンネルのように包まれるのだから面白くて飽きが来ない(キャッキャッ)

f:id:RYO-hateblo:20200623013735j:plain

休憩しながらぼちぼち走ってたらなんか光の環が見える...見えない?何の光?

f:id:RYO-hateblo:20200623013742j:plain


改めて空を撮影するとやっぱり輪っかが見える見える....太いぜ。なにこれ?(興味ちんちん)

どうやらこの現象は「暈」と呼ぶらしく太陽の周りに雲やガス等があり、上手い具合に反射してこう見えるらしい。太陽で照らされてる場合には「日暈」とも。

中々レアな現象らしく見られてラッキー、と思っていたのも束の間。どうやらこれが観測されたあとは天候が悪化しやすいらしく実際翌日バケツをひっくり返したようなGO雨が降ったもんだからおっpp...おっぱげた....

 

ぼちぼち帰り道でナナチとミーティみたいなアイス食べたりみ ち く さ食べたりして無事帰還したのでした。

 

お し り

最近どうなん?(レ)~おさんぽびより~

件のウイルスで相も変わらず身動きが取れないので生存投稿ついでに初投稿です。

最近は全国的に展開されていた緊急事態宣言も解除され鉄馬に乗って野山を駆け回る人々の姿が以前よりも多く散見されるようになる。

そんなものを見せられ黙って見抜きできるはずもなく....おちんちんも我慢できず...当職もちょいちょいお〇んぽりぴーとに繰り出していた。

といっても現状県外遠征はBBBBBBBの毛刈り隊よろしく県外ナンバー狩りなんてのも巷で噂になっているような雰囲気だしNG、当面は県内で済ませておこう。

....ウイルスも恐ろしいが同じくらいニンゲンさんも恐ろしいのだ。心底悲しいのだ。

 

f:id:RYO-hateblo:20200601165525j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200601165501j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200601165513j:plain

あまり人気のない道でパシャリ♂

このあたりは四季折々で色んな表情を魅せてくれるんでわりと足繁く通っているのだわ

 

以下、過去の写真をズラリ。

f:id:RYO-hateblo:20200601164147j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200601164221j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200601164305j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200601164251j:plain

ここに来れば大抵の季節感を網羅できるんでひじょーにお手軽。なお入り組んでいるのと周辺スペースにもさして余裕は無さそうなんで敢えて場所は伏す(狐狩り方式)

 

 

続いて県北に新たなうどん自販機の設置スポットを発見したので早速調査に乗り出した。こいつはどうしたってこううどんやらレトロ自販機に対しての耐欲求に根性がねぇんだ。

でもな、憧れは止められねぇんだ。(テンション上昇負荷)

f:id:RYO-hateblo:20200601172426j:plain

今日も良いペンキ☆

 

f:id:RYO-hateblo:20200601165445j:plain

今回お目当てのうどん自販機はお弁当屋さん「おかもと」に併設されている。

天ぷらうどんは売り切れてたんで肉うどんをポチっとな。

 

f:id:RYO-hateblo:20200601165929j:plain
この突き出されてくる無骨な感じがたまらないんですよ、ええ....

 

f:id:RYO-hateblo:20200601170015j:plain

さて、肝心の味-ウェイ-の感想だが...基本に忠実な出汁で口に放り込んだ時のアンブッシュは無くジッサイ奥ゆかしいが個人的には好みの味付けであった。ワザマエ!

そしてなによりここは元々がお弁当屋さんなんでおにぎりとかおかずを気さくに追加出来るのはかなりポイントが高い(食いしん坊セット)

続いて主役とも言える麺だがこちらはちょっと普通、3点(辛口)普通にするするイケるし私的には悪くないのだがいかんせんこうなんというかコシがちょっと足りない感じだろうか。給食なんかで出てくるソフト麺ってあったじゃない?あれあれ。や、あれ大好きなのよ(ヲタク特有の早口)

...まぁそのへんはうどん自販機の構造上(大抵の場合は湯がいた状態のうどんをセットしてある為)やむを得ない部分ではあるのだが口コミで言うところの「ここ美味しいゾ!」という通常ベクトル・バイアスの感覚で挑むとちょっと拍子抜けするかもしれない。

うどん自販機はうどん自販機、四国のうどんはうどんと各々ゾーニングして考えるといいかも。端的に言うとM印のゴミとモス、ゴミとバーキンみたいな感じだろうか?

 

それはそうと先日の5/31にちいたまにあるレトロ自販機・レトロゲーの宝庫たる鉄剣タローが閉店してしまったそうな。ここ大都会からはなかなか遠く当職も二回ほどしか足を運べていないのだがとってもかなしい。(唐突な語彙力の欠如)

 

 

さてさて閑話休題

うどんを平らげたあとははらごなしついでに県北のアナルハイル・エレクトロニクスとも言えなくもない道の駅「久米の里」へ行ってきたのだが...

f:id:RYO-hateblo:20200601165535j:plain

Zガンダム君「暑っ苦しいなここ....(気温28℃)おーい、出してくださいよ、ねぇ?」

とまぁこんな感じで見事にシャッターが下ろされていた。Zガンダムくんを肴に一服したかったの!どうしてくれんのこれ?(落涙)

シャッターが降ろされてた理由としてはざっくり言うと「件のウイルス対策(開放時期未定)」であり早い話が人払いだろう。けっこう見に来る人もいるから効果的かもしれないがここにも弊害が...うごご...

早くシャッターオープンできるような時勢になるといいね...

ちなみにシャッターオープン時はこう↓

f:id:RYO-hateblo:20200601170713j:plain

f:id:RYO-hateblo:20200601170758j:plain

ダイバーシティに聳え立つ白いやべーやつと比較するとフルサイズで制作されているわけではないがやはり大きいものは大きいしこれが個人製作らしいのだからおっpp...おっぱげた...

詳細はこ↑こ↓(ダイマ

michinoeki-kumenosato.com

 

あとはTracer姉貴のサイドカウルのデカールを新調して気持ちよくなったりした(キモヲタスマイルプリキュア

f:id:RYO-hateblo:20200601170906j:plain

これからツーユー?バイウハザード?の時期に入りそうだし、件の第二波がやってくる可能性もあるんでこれを見ているみんなも周囲の状況をつぶさに観察して警戒しような...へばな!