これって…探訪録ですよ…。

こ↑こ↓は一般通過ライダーの探訪録…キャンプやツーリングの記録を書き連ねるぜ。 淫夢要素はありません。

死線を超えて

 

 

 

tskikk.hatenablog.jp

mokuzai.hatenablog.com

こちらも御一読して頂けますと、より一層お楽しみいただけナス(露骨な宣伝)

 

あらスジ♂

みなさん、ご無沙汰しております。悶絶ホモバイク専属調教師の変態糞FAZERと申します。
前回の悶絶愛知ツーはいかがでしたでしょうか?悶絶愛知ツーは、比較的オーソドックスなワインディングがたくさん盛り込まれていたかと思います。 これからお見せする撮り下ろし写真も基本的なワインディング(大嘘)をお見せしたいと思います。
今回調教されるホモバイクはCRF250rallyVストローム1000FZ1FazerGT
そして宿で熟睡することで均整のとれた身体コンディション…まだまだ元気なこの集団は、かの日本三大酷道に数えられる国道425号線の調教♂に耐え生還出来るでしょうか?(暗黒嘲笑)
それではご覧ください…

 

あ↑さ↓

AM05:50、アラームで起床。 

余裕ありあり有馬温泉(激寒)な時間で起きたわけだけど朝食は06:30予定、荷造りも済んでて特にすることもないし...二度寝しても...かまへんか...(忍び寄る睡魔)

あと5分....

あと気分........

....

 

 

PRRRRRRRRRRR! (ベッド脇受話器の着信音)

わし(53)「はい、もしもし(半覚醒)」

staff=サン「お連れ様からモーニングコールです。「食堂でお待ちしています」と。」

わし(53)「ん、おかのした(時刻確認)」

AM06:50 ( 迫 真 )

...

スゥゥゥゥゥ....

わし(53)「直ぐに向かいますね~」...(ちょ、ちょ、ちょっと待って下さい待って助けて待って下さいお願いします!アアアアアアアア!(発狂) )

 

モーニングコールから5分後、無事に食堂で合流できました(大遅刻) 二度寝と寝坊には気を付けよう!(教訓)

バイキング形式の朝食。やはり朝食には白いご飯と味噌汁を...最高やな! 卵焼きくんとお浸しくんも出汁が効いててあぁ^~うめぇなぁ~(恍惚)

...おっやべぇ美味しさに浸ってる場合じゃねぇパパパッと食べて出発だ出発!40秒で支度しな!(自己暗示)

 

そんなこんなで遂にR425へと向かうホモ3人。天気も良いし素晴らしいツーリング日和だぜぇ?天気予報でも降水確率は軒並み20%以下だし...まぁ雨は降らないでしょ(決めつけ)勝ったなガハハ!

 

ルート(予定)

今回は先述の通り酷道国道425号探検ツーなのだが、地図上印のポイントでどうやら通行規制があるらしく...不本意ながら止むを得ず迂回するルートで行きますよ~...イクイク..

尾鷲側から国道425号線へ合流してすぐのポイントにもAM07:30~工事による通行規制があったが滑り込みセーフ、なんとかあへあへ酷道ツーを敢行できそうだ。(したり顔)

 

ちなみに国道425号の特徴を簡潔に挙げると....

・狭路、崩落、落石、一部ダート路面等悪路のオンパレード

・一部区間や所々さんにはガードレールが無い。なお落下事故多発区域の模様(落ちたら死ぬ)

・集落付近ではバスや乗用車を時折見掛けるが、狭路の為交互通行は困難

・上述のような糞道だが全長がクッソ長い(約200km)

・携帯電話の電波が概ね死んでいる為、連絡を取ることは困難

誰が言ったか「デラックス温見」

等々、スリル満点の路線となっております(引き笑い)

これを見ている諸兄は...間違ってもこんな糞道を走らずに川沿いの大通りで紀伊半島を満喫...しようね! ...どうしても走りたい場合は...自己責任かつ路面環境に適した車輛天候の良い日に走ろうね(冷や汗) おじさんとの約束だ。(更に冷や汗)

 

それじゃぁ(走行写真)流しますね~

国道425号線合流直後の様子。この辺りは見通しも良く、道幅も広め(感覚麻痺)なので走りやすくて気持ちがいい(ご満悦)

例のAM07:30~工事による通行規制区間。おっ開いてんじゃーん(予定調和)

 

あっ、これかぁ!(落石)

トンネルの中に、石が、ある(死語) これを除去する工事だったんだろうなぁ...確かにこれは危ないな(確信)

トンネルを抜けると景色と雰囲気がガラッと変わる。林の中が気持ちいいモコモコ!(一面のクソミドリ

 緑色とコンクリ特有の灰色とのコントラストがサイコサイコ...

少し走った所で写真撮影。 大体10km位は走ったカナ?

発電用のダムで名称はクチスボダムらしい。こんな感じで425号は所々にダムが設けてあるらしくダム好きには垂涎の道のような気もするが...ダムの事は全然わからん(ジ)

近くに工場らしき建物もあった。こんな不便な道沿いに建てているのか...わざわざ田舎に..(余計なお世話)

.....最早語るまい(やどころさん!?)

 

いよいよ酷道としての片鱗を見せ始める425号線くん。それにしてもこのVスカトロームくん、ノリノリである(本領発揮)

あら、こんな所にマツダロードスターさん。 この狭路を走って来たのか(畏怖)....まぁこの辺はまだマシな方なんですけどね、初見さん。Mのお楽しみはこれからだぞぉ...(KMR)

 

 

見える見える...道が太いぜ。(感覚麻痺)

あ、隠れ滝みーっけ!(シャッターチャンス)いった滝まーす(激寒)

有難いことに階段が備え付けてある。滝を間近で観察出来て良いゾ~これ(賞賛)

ここが本当に日本なのぉ? なんだかすっごい綺麗で壮大だよぉ...(感動)

 

糸引いてんじゃんかよお前(指摘) 

どっちだ...?(試行錯誤)

実際ナビくんは電波が届かなかったり425号の標識は草木で覆い隠されていたりと中々判りにくい(困窮)周囲をつぶさに観察しよう。 

湖面に反射した空がセクシー...エロイっ!

 

坂本ダム

すごく....大きいです...(感嘆)

ここもなんだか日本離れした雰囲気で良さ味が深いな?(再確認)

これ、なんだと思う? そう!アーチ式のダムさ!

綺麗にアーチを描いているし、何よりもこんな山奥に(しかも糞道の真っただ中に)クッソ大規模なダムがご立派ァ!に聳え立っている。見事な造形だ....(ダム沼)

 

十津川まであと57kmもあるのか....まだまだ楽しめそうで嬉しい....嬉しい...(ニチニチ)

ぼちぼち写真撮影を切り上げてほないくどー(意気揚々) ここまでクッソ走りやすい道のり(当社比)だったし、ふへっ残りの道もそんなにキツくはねぇだろ寝言言ってんじゃねぇよぬへへ(コ)

....なんて思っていた時期が私にもありました(独白)

 

お ま た せ

いよいよ酷道らしく泥溜まりや落ち葉枯れ草の山がチラホラ見えて来る...正体現したね。

荒れた林道で写真撮影をするのはレディ(-要出典)のたちなみ! 昨日は女子会してるしわし等は女子♂だな、うん!

ホモを撮るホモ(恒例行事)

レズビ撮影会を賑やかに済ませてビキビキビキニ123で走り出す。 まだまだ道は続くんだよなぁ...俺らは止まらねぇからよぉ...(ケツ意)

 

またダムだ!またダムだ!(興奮)

 

 

池原ダム

 坂本ダムよりもっと大規模なダムがあったとは....たまげたなぁ...

ちなみに上の写真はダム本体ではなく、外付けの洪水吐用ゲートらしい。これで本体じゃないのか(驚愕)

次は池原ダム本体を観に行ってみよう。ダム上部を走っていると橋なんじゃないかとか錯覚してしまうくらいにはデカい(確信)

 

あ、一般通過オフシャァおじさんだ。(気さくな挨拶)

玉も竿もでけぇなぁお前(誉めて伸ばす)

ドーモ、池原ダム=サン。 変態糞Fazer=デス。

 

 

 

ダム付近にはキャンプ場や集落があるらしく人や車両がチラチラ見える。こういう所でキャンプしたらクッソ気持ちいいんだろうなぁ...俺も仲間に入れてくれよ~(羨望の眼差し)

でもそうですね、買い出しは不便そうですね....(横暴)

さっきまでいた洪水吐出用ゲートくんを尻目に続きイクヨー(ICG)

 

ここからホモ特有の大胆な予定変更を試みる....というのも425号線の工事区間は本当に閉鎖されているのかという疑惑が浮上。解消するために現場に突撃、しよう!(提案)

ホモは自らの目で確認しないと気が済まない性分だからね、しょうがないね(再確認)

 

いよいよ通行規制箇所に突うずる道へ入っちゃうハイチュウ...

今まで以上の狭路とクソタイトなコーナー、糞まみれの路面状況であーヤバい!(ヘドバン)

開けた所で小休止&ホモビ、撮影開始。

下北山キタキタ祭りは盛り上がるのでいいぞもっとやれ(煽り)

 

425号線でここまで上がって来たんやなって....なんか芸術的...(黄昏)

 

 

ここから糞オブ糞な道がずーっと続く(30分くらい?)あへぇ...(愉悦)

リアが2、3回位空転してくるしオマンコガドウニカナッチャウ.....

 

通行規制区間

や っ ぱ り な ♂

道中に標識が見えていたような見えなかったような(記憶齟齬)気がしたが...やっぱり通行止めじゃないか(悲しみ) 

それでもなお胸中の疑惑は晴れず。 徒歩で様子を見に行って通れるか確認しなきゃな!(興味本位)

あっ、ふーん...工事中かぁ...(悟り) 作業員=サンから「なんだぁ...てめぇ...(レ)」と珍妙なモノ♂を見るかのような眼差しを浴びせられながらそそくさと現場を後にするのだった....。

すいまへぇ~ん、まぁ~だ工事に時間掛かりそうですかねぇ~(負け惜しみ)

 

野獣くんのうんち。 硬化したものと新鮮なものが入り混ざっていて生活感をカンディル。ここが公衆トイレですか...(現実逃避)

 

さて、通行止めということは当然来た道を引き返すワケで...

お待たせしました、こちら酷道30分コースおかわりとなっております(キチスマ)

わーい、すっごーい! たのしー!(思考停止による深刻なフレンズ化)

またこの糞道を30分も走るのか.....心壊れちゃ^~う、でも好きなの。(告白)

 

 

ようやく169号線と合流。 なんか道幅広くなぁい?

それにしても鈴鹿サーッ(迫真)キットのシケインみたいな感じの良いコーナーしてんねぇ!通りでねぇ!(大興奮)

 

 遊覧船っぽい船を発見。 水しぶきを撒き散らしながらホモ三人と並走...3人に勝てる訳ないだろ!(謎理論) ....え?これは水しぶきじゃないって?....じゃあ雨だって?まさかぁ(嘲笑)

 

道の駅おくとろ

 

ぬわぁぁぁぁん疲れたもぉぉぉぉぉおん(背伸び) 時刻はPM12:00頃。だいぶ走ったような気がするものの踏破区間は未だ半分程度である。徳川様、逃げてはいけませんよ...(苦笑)

 

焚き火d....薪ストーブくんオッスオッス!

 

併設されている食堂でハンバーグ定食を頂く。 ここのハンバーグは食感がふかふかしていて食べ応えも良く...とにかく美味しいけどおいしい。(要約)

お盆ォン!左奥に見えるのはプリン。初見でソースか何かだと思ってました(小声)ツーリング中の甘味は通常以上に甘く思えてどちゃしこ美味しく感じる.....感じない?

 

食休みも終えてぼちぼち出立するとしよう。 再び425号線に合流した後に最凶区間と名高い牛廻峠が待ち構えている....気を引き締めて行きますよ~...イクイク....ヌッ!(エンジン全開)

 

あぁぁぁぁぁあぁぁぁあぁあああああ!はあああああああ!

てめぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!(雨雲)なにしてんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

......いや待て、この水滴はさっきの遊覧船の水しぶきなんだ...誰が何と言おうと水しぶきなんだ.....嘘だと言ってよ、ドバーニィ(錯乱)

 

 

阿鼻叫喚になりながら425号線に再突入。なんだ、雨なんて無かったじゃないか(安堵)

路面もバッチェ乾いてるし、万全の状態で牛廻峠解体ショーの始まりや!(拍手喝采)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

..........それから我々は、

..........................地獄を見た。

 

 

かつてない程の狭路。 そしてガードレールの無いコーナーの連続。

 

糞と草にまみれ、段差は草木に隠れ....その上大雨により湿潤した路面。

 

 

崩落するアスファルト。説得力のある「落下 死ぬ」の看板。

 

予定ルート赤ピン付近(推定)、和歌山と奈良の県境。  工事中の看板は倒壊、悪天候も相まってDeep♂Dark♂Fantasy♂な雰囲気を醸し出していて....やだ...こわい...(女の子)

...あ、この辺りで一般通過軽自動車とすれ違いました(震え声)

 

オイオイオイ、死ぬわ俺(死期を悟る)

ただでさえ凶悪な牛廻峠だが、雨による追撃ちで路面状況は苛烈を極め....正に地獄の様相を呈していた。写真に収める事は出来なかったものの工事中の為に一部ダート路面(急こう配急カーブ有)も有していてもう何でもありあり、全然あり。(投げやり)

どうしてこう難所に突うずるっ込もうという時に限って大雨に襲われるのか...コレガワカラナイ...

そして時刻はもうPM16:00。 ...うせやろ?(愕然)

3時間近くも悪天候の山中に籠るとかこの人達頭おかしい....(自虐)

371号線と合流した所でガソリンを補給しつつ、425号線踏破を断念し帰路に向かうことにしよう。流石にこれ以上は無理無理!産めない!(満場一致)

覚えてろよ酷道425号線....地べたを這い泥水を啜ってでも戻ってきてやる....(再燃)

 

道の駅 水の郷日高川 龍游

最寄りの道の駅で休憩しつつ激しい雨雲が通過するのを待つ。

今回のやべーやつら。 なんだか信号機みたいな色合わせだけど...今日の425号線は赤信号ってそれ一番言われてるから(小声)

それにしてもあの状況下から無事に生還出来て良かった~って思うワケ。生きてるゥ~!(歓喜) また行く時は....晴天で落ち葉のない時期の方が良いかなって...僕は遠慮します(逃走)

雨も小雨になってきた所でケツ意を胸に帰路へと...向かおうね...完走出来なかったのは辛いけど泣いても泣いてもおっパラディン

 

流石ワークマンイージスだ!この程度の雨ならなんともないぜ!....と思っていたがズボン前側のジッパーから容赦なく浸水。 ぐちょまんペァンツ(native)になりケツがずるずるして気持ち悪い...下半身だけでも合羽を着込んだ方が良さそうだ。

 

後は高速道路に乗り各自北、西、東方向とJCTで3方向に分岐しお別れ。 別れる間際までクッソ汚い会話をしつつ帰るのだった...クッソ疲れてるだろうけどどうか無事に帰宅報告を見せてくれよな~、頼むよ~...(懇願)

これにて国道425号探索ツーリングは終わり!閉廷!

 

また会いたい....(恋煩い)