これって…探訪録ですよ…。

こ↑こ↓は一般通過ライダーの探訪録…キャンプやツーリングの記録を書き連ねるぜ。 淫夢要素はありません。

Hurricaneくん増車ァ...インプレ

約1年ぶりの投稿なので初投稿です。

電子の海に溺れたり投稿をサボっている間にシコイチ(四国一周RTA)とかオボォン東北ツー、バイク擬人化合同誌参戦とか色々あったけど...カットしよう!(ものぐさ)(覚えてたら書く)

 

さて閑話休題

 

 

 

なんだこれよぉ...(恍惚)

唐突ですがこの度CBR250R(MC19)Hurricaneくんをゾウシャア...したので簡単にインプレをば(400km走行並感)

トーシローの知識かつ駄文満載なのでお茶でも飲みながら読んでいってくだちい...

 

増車理由

インプレの前に何故CBRくんなのか?その辺の理由というか経緯に関しては大体こんな感じゾ

 

・Tracer姉貴も良いけど他のおバイクも美味しそうやな...(乞食)オフシャァええやん...

              ↓

・でも近くにオフシャァOJSN居ないし中国地方豪雨災害の影響も考慮するとソロ林道凸はやだこわい...事実として通行止め多いし...

              ↓

・せや!ライトウェイトスポーツモデル試乗してドチャシコ楽しかったしそっちにしたろ!でも規制前のパワーも気になる...ん?目の前におるやんけ!←イマココ

 

って感じでぇ....納車しちゃいました...(思い立ったが吉日)

元々旧世代規制前のパワーエンジンに触れてみたい気持ちはあったのと、ここ数年で色々見て回った影響からか食指が伸びてしまったんだよなぁ...

そらここまで綺麗な旧式個体が目の前に転がってるのに乗らない手はないよなぁ!?

 

淫プレ

ツーイッタにもだいたい同じようなことを書いたけどメモ代わりに列挙していくゾ

そもそもどんな車種なの?ってのはこちらを覗いてみてクレメンス(投げボルグ)

bike-lineage.org

 

【全般】

・想像以上のパワーレスポンス。体感400ccくらい

・とても軽い。ハンドリングも機敏でコーナーが楽しい

セパハン車故なのか転回が難しいかも(或いは乗る側がへなちょこ)

・ライポジは慣れると楽なポイントが見つかる。(ガチマンおバイク処女並感)

・6000回転を越えた辺りからモリモリとパワーが湧いてくる。この辺で走ると程よく楽しい 

・ギアにもよるが10000回転~パワーバンドでものっそい加速をする。

・パワーバンドこわい。体感速度がはやすぎる (失禁)

・EG周りやハンドル周りは年数相応にくたびれてるけどこれがすこなんだ

・特に燃ポンやEG周りの異音、燃料やクーラント漏れもなく状態は良さそう(御満悦)チョークやクラッチのワイヤーも交換/調整済、フロントとリアの足回りも割とここ数年以内に修繕・更新した雰囲気で実際にブレーキの利きも特に問題はなかった。(その上2オーナー車らしい)

 

当職はTracer姉貴に乗ってる手前「ほんとぉ?」と思う諸兄も多いかと思いますがいえ、本当です(誇張なし)

ただただ当職がビビりなだけなのか、或いはライポジからくる体感速度の違いなのか定かではないが個人的に十分すぎるポテンシャルでおっpp...おっぱげた...

なにより現行車にはないEGサウンドと車体のう、羽毛のような軽さ、そこからくるハンドリング性能は筆舌に尽くしがたい。

整備性や細々とした気になる点は付き合って日が浅いので洗い出せていないけれど、前オーナーさんやお店の手がしっかりと入っていそうな感じではある。今後も走りつつ様子を見てみよう。

 

【高速道路】

・6速9000回転で100km/h前後。追い越し等機敏に動きたい時は当然大排気量車に軍配が上がるが、航続する際にさして苦痛とは思わなかった

・カウルの防風効果も程々でわりと楽。ただしライダーの身体が大きいor背が高い場合は風が多少当たるかも

・高速巡航の場合、推定燃費は23~25でタンク容量は約13Lのため250km走行で給油目処

・巡航時に足を伸ばせない(かも)。たぶん踵が擦り下ろし大根になる

 

レーサーレプリカ(風?諸説あり)と謳われるだけのことはありタンク容量は控えめ、かつ車体は昨今の600cc~SSバイクと比較して一回り小ぶりな印象を受ける。

当職はさして不満を感じなかったが、防風効果は姿勢次第で多少マシになる場合があるので色々試してみよう。

 

【その他】

積載:リアシート下は程々に容量あり。パンク修理キット、純正工具、バッテリージャンパーは入った

視界:車体&姿勢が低めでそれ相応の高さ。ミラーも姿勢次第だが視界良好

 

積載はHONDA車らしく(?)余裕があるのでコンパクトな修理用具なら問題なく収納可能。少なくともNinja250(2013~)の倍くらいは入りそうな雰囲気だった。

視界はアドベンチャーライクなTracer姉貴、スポーツツアラー志向のFZ1やNinja250と比較してだいぶ低姿勢。例えが極端すぎるけどハヤブサの視点、ライポジにちょっと似ていると感じた

 

【総評】

乗りやすくて軽くて速くて曲がる素敵な子。ルックスも良き。 今のご時世に同系統の車種が存在しないのが悔やまれる

 

現行車なら新型Ninja250/400が軽くハンドリングが機敏でパラツイン独特の高揚感もあるが、パワーとそれにリンクする強い高揚感という面で言えばHurricaneくんに一票入れたい。でもどちらも違う個性で甲乙は付けがたいなぁって(悶々)

車体年式が古いので見つけにくい、経年劣化も激しく全盛期性能の保証もないのが悔やまれるところではあるが....

幸いにも低走行車(11000km)の綺麗な個体に遭遇できたので大切に乗っていきたいな~って思うワケ

 

twitter.com

これからは二刀流でいきますよ~いくいく....