これって…探訪録ですよ…。

こ↑こ↓は一般通過ライダーの探訪録…キャンプやツーリングの記録を書き連ねるぜ。 淫夢要素はありません。

県北紅葉狩り&新ツールお試しツー

 ゲイ要

今年ももう11月に入っちゃうハイチュウ...  いよいよ岡山の木々も色付いてきたので紅葉狩り、しよう!(提案)というわけで岡山県北の川の土手やら湖畔やらをぐるぐるしてきたゾ。 秋といいつつも冬の足音も徐々に聞こえて来たし、雪に沈む前に走りたい所を今のうちに走っておこうな?

 

ルート

一部諸兄間で人気のダム探訪と旭川デスノボリの後、県北山中でとっぷり紅葉狩りといこう。 紅葉シーズンの真っただ中で蒜山・大山といった人気所さんは混み合いそうだし...敢えてマイナー所をずずぃーっと奥まで堪能しよう。

 

道の駅 かよう

シーズン故に繁盛しててちょっと窮屈ですね...(我儘)

こ↑こ↓道の駅かようは岡山自動車道へ繋がる賀陽ICが目と鼻の先、かつ岡山の南北間に在るんで休憩やら出発地点としては交通の便も悪くなく使い勝手もそこそこ。 

特産品販売はもちろん、コンビニ(ATM有)も構えているから食料調達もありあり。全然あり(NYN姉貴) 

折角なんでカップ麺でも買ってラーツーと洒落込もう。調理できそうな所は休憩しながら探しても...かまへんか...(ガバポイント蓄積)

 

 

賀陽周辺の木々はほんのり色付いてはいるが本格的な見ごろはもう少し先になりそう。すいまへぇ~ん、まーだ時間かかりそうですかねぇ?(せっかち)

 

旭川 沿岸沿い

道が狭すぎるっピ!

 

旭川周辺もまだまだ一面のクソミドリ...これじゃ夏と景観がほぼほぼ変わらないじゃないか...(落胆) おまけに川もなんだか緑色でお世辞にも綺麗とは言えないし(辛辣)

...

......そういえばいつだったかエルレウム兄貴姉貴

twitter.com

 こんなことを呟いていたなぁ...とふと思い出す。 つまり川がこんななのは...致した際のが含有されている可能性が微レ存...?(周知の事実)

....詳しく調査をしたくなったが今日の本分は糞狩りじゃなくて紅葉狩りだった(再確認)

雑念は振り払ってとっとと北上してしまおう。

 

苫田ダム(とまだー)

あぁん、(いい)感じじゃん?

賀陽、旭川沿岸とは打って変わって木々が良い具合に色付いていてこれは...いいな...(恍惚)

ダムの規模も大きめで資料館やダム内部見学通路等々、ダム好きの諸兄垂涎のラインナップとなっているが...その辺は自分の目で確かめて欲しい。(投げやり) 

この感じなら景色も良さそうなんで予定を変更してダム湖の奥津湖湖岸道路を散策してみよう。

 

あれぇ?丘people? さっきまでの紅葉はどこ..ここ...?(落胆) でも良い眺めだしこれはこれで..いいか...

 

奥津渓バイパス

(紅葉が)いっぱいいっぱいBeautiful...!

流石は冬場は雪が降り積もる県内最北端地点。見事な季節への対応だ、プレジデント! 辺り一面の木々が秋色にしっかり染まってていい感じだぜ…いい感じじゃね?(KBTIT)

多少道はガレていて荒い気はするが、紅葉を見ながらぼへーっと走るには良さソース。 あ、言い忘れていたけど...人形峠付近の峠道やトンネルには”なにか”が潜んでいるみたいで話題の心霊スポットらしいから気をつけるんだぜ~(霊界通信)

 

人形峠

さて、お目当ての人形峠舗装林道だが...とりあえず裏側のルートを往ってみようかな。

(落ち葉が)やだ...こわい...

洗い越しFoo↑ 気持ちいい~(豹変)

写真では判り辛いがタイトなコーナーがありながら道幅もそこそこあるし、走りやすくてスッキリとした感じだ。....やはり落ち葉はずるずるして気持ち悪い(震え声)

あら、こんな山奥に大きめの施設。ちょっと見て行こうかしら。(ICG)

 

 

日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構

 ....うん。

 

 

...........うん?

ちょっと待って!こんなの聞いてないんですけど!

はらこつとむ?(タルるートくん)ってとこの施設がそびえ立ってるんですけど!(リサーチ不足)

 

調べた所..この人形峠付近に日本で最初に発掘されたウラン鉱床があり、それに伴いかつてはウラン濃縮プラントもあったみたいだが...2001年に封鎖。現在は放射性廃棄物の処理技術の研鑽が主業務で、ここはその施設らしい...

おじさんはその辺のことは詳しく知らないし判らないが、この付近の放射能云々は皆無らしいのでどうか安心して県北を散策して欲しい。

博物らしき施設が隣接されていたが、だいぶ前に展示が終わったみたい。..余計に怪しい...(怪訝)

 

特に何もなかった(直球)ので気を取り直して岩井滝に向かおう。 

 

やはり思考停止で走る舗装林道を...最高やな! 

 

岩井滝

なんだこの混み具合!?(驚愕) 駐車場の中パンパンで何処にも停められないじゃないか...クゥーン...

俺は停まれねぇからよぉ...(半ギレ)岩井滝はやめて次だ次!

 

県北はマリオカート最終ステージだった...?(衝撃の真実)

 

蒜山高原付近

蒜山高原の端っこに差し掛かる。 蒜山高原の景観は大体こんな感じで木々は少なく、秋にはブ タ ク サみたいな植物が穂をつけていて紅葉とは違った秋っぽさをカンディさせてくれる。

 

本格的に混雑しそうな高原中央部に差し掛かる前に転身して昼食にしよう。 

津黒ふれあい生き物の里

スゥゥゥゥゥ.....(堪能)

所々落葉がもう始まってるけどすっげぇ赤くなってる、はっきりわかんだね。 紅葉や山ぶどう、銀杏等々と木の種類も豊富で見ていて飽きないしいいゾ~これ(賞賛)

近くに宿舎やキャンプ場、写真4枚目右奥には炊事場ありと至れり尽くせりで色々良さ味も深いな...ちょっと買い出しは不自由しそうだけど(横暴)

それにしてもこんないい眺めなのに人っ子一人居ねぇんだから面白れぇよなぁ!?(観 光 客 0 人)

管理棟内に水槽や剥製の展示があるらしいので覗いてみよう

設備内の電気はついてるのに…何故だか管理人さんの気配はしませんでした…(恐怖)

 

あっ、シカニキの角だ。 

もーこんな所に落としちゃってぇ(お節介)

 

 

周囲の探索も終わった所で炊事場を間借りして昼食にしよう。  

コンビニで食料を買ってから、滅多に人が来ない所なんでそこでしこたま炊事を始めたんや。(状況説明)

 

....おっとぉ、ここで新ツールを試してみるんだったゾ(池沼)

今回調教するツールはコチラっ!

HARIO ( ハリオ ) 手挽き コーヒーミル ・ セラミック スリム MSS-1TB

以前に宮城の遠刈田でキャンプした際、えめまん兄貴がコーヒーミルで豆を挽いて朝からドリップコーヒーをキメていたのを思い出し…無性にやりたくなって購入…しました…(衝動買い)

その時のコーヒーミルとは別のものだが...これは挽いた豆の量を視認でき、飲みたい分の適量を挽けるからとっても便利。 おまけにミルもセラミック製だから豆を挽くときに熱が生じにくく、挽いた豆が傷みにくいみたい。 違いは...わからん。(ジ)

取っ手も着脱式でそれほどかさばらないのも好印象。 価格もさほど高くはない為、コーヒーツーリング入門には良いかもしれないゾ

 

やはり、山奥で味わうコーヒーとラーメンは最高や。(恍惚)

 

湯原湖

ここもダム湖...なのだが肝心のダムそのものはへなちょこだったのでカットしよう!

奥津湖同様に湖岸道路という名の舗装林道へ...いざぁ...(迫真林道部)

景色はそこそこだけど...道がきったねぇ!糞だ...(暗黒嘲笑)

 

湯原湖は一足早いのか殆どの木々が落葉していた。

これマジ?季節に対して景観がバラバラ過ぎるだろ...(困惑)

 

開けた所で撮影タイム。 夕日に照らされて山がすっごいセクシー...いい味出してんねぇ!

 

ヌゥン!ヘッ!ヘッ!ア゛ア゛ア゛ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛↑ア゛ア゛ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛!!!!

なんだこの路面!? なんだかすっごいずるずるするよぉ...でも...素直に楽しいです。(精神汚染)

 

....と、ここで帰路に設定しておいたナビくんを確認すると...

ナビくん「湖岸道路を戻ってきてください。有無は言わせない。(迫真)」

うせやろ?と思いながら地図を確認すると...このまま進むと蒜山、果ては鳥取へと向かうルートになり元の道にクイズ戻れないみたい...

もう一回遊べるドン! (恐怖と悦びが入り乱れた表情)

 

ウ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア”ア゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ!!!!
ゥ゛ゥ゛ゥ゛ン!!!!フ ウ゛ゥ゛ゥ゛ゥン!!!!(迫真)

 

きたくご

もう足回り中糞まみれや。(屈託のない笑顔)